--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーの事故のこと

2009年02月03日 20:40

結局ルーは無事だから良かったんだけど
助け出した直後のルーの苦しげな顔がずっと目に焼き付いてて
失禁しちゃうくらい苦しい思いをさせたことに申し訳ない気持ちでいっぱいで
まず最初に大したことないだろうと思ってしまったことも含め
なんてひどい飼い主なんだろうと。。。

会社の同期からすごく可愛い赤ちゃんの写メが送られてきて
赤ちゃんいいなって思う反面で
ルーを事故に遭わせた私に子どもを育てる資格はないと思う。。。

命の重みと
それを預かる責任の重さを
改めて思い知りました。。。
スポンサーサイト

ルーエ事故に猛省。。。

2009年02月03日 11:52

昨夜、ルーエを連れて夜間動物救急センターに駆け込みました。
結果は大事に至らずに済んだのでよかったですが。。。
今回は本当に私の不注意が原因なので、
事故の顛末をブログに書くのがはばかられるくらい飼い主としては恥ずかしいのですが
でもフェレットを飼い続けていく上での反省材料としてきちんと記録しておきたいと思います。

わが家のソファベッドは下が収納スペースになっているんですが、
レイルーはソファの裏のすき間からその収納スペースに入り込むのが好きなんです。
そこから出たくなったときには、収納スペース前部を爪でカリカリとして「開けろー」と催促するので
昨夜10時20分ごろにソファの辺りからカリカリと音がしたときも
てっきり出たがってるんだと思い、ソファの座面を上に持ち上げました。

ところが実際は、ルーエはこれから中に入ろうとソファの裏側でカリカリとしていたところで
私が座面を持ち上げたために、背もたれの部分が下に下がってきて、
そこに挟まってしまったんです。

助け出したら、失禁してぐったりしてしまっていました。
とりあえずケージのハンモックに戻して様子を見たのですが、
しばらくは私がケージに戻したときのあおむけの姿勢のまま変わらず、
少したってようやくうつぶせに姿勢を変えるような状態で
いつも元気なルーエらしくない様子にあわてて夜間救急に行くことにしました。

救急センターに着いたころには、いつもどおり動けるようにはなっていたんですが
大事を見てレントゲンを撮ってもらいました。
骨や内臓に問題はなく、今朝もいつもの元気を取り戻したので、
かかりつけ医に診せる必要もなさそうですが、
救急センターで診察経過書とレントゲンのフィルムをもらうことができたので
かかりつけ医に引き継ぐ必要があるような事態だったらすごく助かるなと思いました。

今回のことも一歩間違えたら命にかかわるような事態につながっていたと思うので
飼い主として猛省しています。
再発防止策として、座面を持ち上げても裏側で挟まることがないように
ソファ裏側のカバーを取り外しましたが
ソファ以外でもフェレットの事故につながることがないよう、
家の中の安全確認を徹底していきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。