--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張るレーチェさん

2010年10月24日 09:18

107458_029.jpg
↑たい焼き(のおもちゃ)を奪おうとするレーチェさん

我が家のレーチェさんは長女ということもあってとっても頑張り屋さん。
(あ、でも別にうちの姉は頑張り屋さんじゃないから長女=頑張り屋というのは成り立たないか

最近、冷えてきたので昨晩、綿製のハンモックのほかにフリースの寝袋もケージに入れておきました。
今朝、ケージの中を見たらレイルーとも寝袋の中で寝てました。
そのうちレーチェさんが起きてきたので、室内で遊ばせてあげようと思ってケージの扉を開けました。

そしたら、レーチェさん、
まだルーエが中に入ってるのに、寝袋を口にくわえてケージの外に持っていこうと大奮闘

そうそう、レーチェさんってば寝袋を持ち出す癖がありましてね、
でもさすがにルーエ入れたままじゃ重かったらしく、
しばらく頑張ってたけどあきらめてました
(ルーエが入ったまま持っていけたらそれはそれでびっくりだったけど)

でもルーエも寝ていたところでいきなり寝袋が動いたもんで起きちゃって
ルーエが寝袋から出てきたら、レーチェもすかさず軽くなった寝袋を棚の下に持っていってました。

やるなあ、レーチェさん。。。
スポンサーサイト

ルーエの脱走

2010年06月02日 00:29

レーチェは薬がばっちり効いたようで、22日にまた検査してもらったところ
肝臓の数値も正常に戻ってました(^-^)
どうやら13日にリュープリンを打ってもらったらしく、その効果は1ヶ月くらい続くらしいので
それが切れたころに異変があったら、また診てもらう必要がありますが
今のところはすごく元気にやってます。

さて、タイトルのルーエが脱走した件についてです。
運よく何もなかったとはいえ、一歩間違ったら大きな事故につながっていたかもしれないし、
責任は飼い主の私にあるのですが、ブログに顛末を書くのにためらってしまい……。

脱走事件が起きたのはGW中のことでした。
夫と私はGWを利用して、福島旅行に行ったのですが
今回は友人3人と一緒の旅行で、レイルーを連れていくのは難しい。
でも昨夏のインド旅行中にホテル預かりを利用した動物病院は
その後の印象が良くないからもう利用したくないし、
頼みの綱の実家も、同時期に旅行に出掛けるというので頼れず。
夫といろいろ話して、当時はレーチェの具合も落ち着いていたので
「2泊3日ならギリギリ2匹で留守番させても平気かなぁ…?」と結論を出して
水と餌は多めに用意して、2匹をケージに入れて出掛けました。

…が、旅行を終えて帰ってみたら餌入れは空っぽ、
そしてケージは閉まっているのに中にいるのはレーチェだけ(;゜0゜)
思わぬ展開に夫婦で焦りましたが、いつも放牧後に2匹が寝ているソファー下の収納場所で
毛布にくるまって寝ているルーエをすぐに発見。
部屋の隅にあったうんちの量から、おそらくその日の午後に
ケージに3日も閉じ込められたのが嫌で、いつもみたいに部屋で思いっきり遊びたかったからか
お腹が減ったから餌を求めて外に出たのかはわかりませんが(多分その両方?)
ケージを思いっきり揺すっているうちに
どうにかしてケージの金網を浮かせて脱出に成功したんだろうと思います。
でもケージの外に出たところで、ルーエの手が届くところに餌や水があったわけじゃないし
脱走したのが私たちが帰宅する直前だったのが、せめてもの救いでした。

餌が空になってしまっていたことも、ルーエが脱走してしまったことも
出発前にはまったく想定していないことだったので、本当に反省しました。
今後、旅行に行くときには連れていくなり、どこかに預けるなりきちんとしたいと思います。
それに、ルーエはその気になればケージから脱走できることが判明したので
その後はちょっとの留守でも、
ルーエに入られたら困る部屋に繋がる扉はちゃんと閉めておかないと(-o-;)

↓当の脱走鼬さん。レーチェの足と尻尾の間に顔を挟んで熟睡中。
ルーエさん、実は下の歯が結構存在感があります。

レーチェが失踪した話

2010年01月26日 11:26

1か月以上前の話なのですが、レーチェが行方不明になりました。
もちろんその後、無事に見つかったのですが、その時の話もこのブログに記録しておこうと思います。

それは12月のある週末のこと。
その日は病気で他界した従姉の5年祭があったので、
(※神道の家は珍しい気がしますが、gakuoの家もkojiの家も神道です。
5年祭は仏教でいうところの5周忌なんだろうと思います)
私たちは10時ごろに家を出る予定で、その前に2匹をケージから出して室内で遊ばせていました。

さて、出かける直前に2匹をケージに戻そうとしたら、レーチェがどこにもいない。
レーチェは飼い主に似てちょっと変わっていて
室内で遊ばせていると思いもよらないところで昼寝してたりするんだけど
飼い主に似ていい子なので
名前を呼べばいつもはすぐ出てくるんです。

それが30分間、名前を呼びながら家じゅうをあちこち探してもどこにもいない。

さすがにこの状態で出かけるわけにもいかないので、
申し訳ないですが、神社へのお参りはキャンセルさせてもらい、
昼食会から参加することにしたのですが
(親せきとは仲がいいし、みんなペットを飼っているので理解があり、特に問題にはならず)

こんなに名前を呼んでいるのに出てこないなんて、
まさかどこかに挟まって出てこれなくなって苦しんでいるんじゃ…と
最悪の事態が頭をよぎります。

念のためにソファーと壁の間を確認したところ、
ソファー下の収納スペースにレーチェが好きなスマイルエッグがあったので
何気なくピコピコと鳴らしてみたら…

レーチェがひょっこり、出てきました。
夫の机の引き出しの隙間からね。
もう、出てきた瞬間ほっとすると同時に、思わず笑っちゃいました。
なんでそんなところにいたの、とか、
私が呼んでも出てこなかったのに、なんでおもちゃの音だと出てくるの、とか
ツッコミどころ満載の珍事件だったけど、
とにかくレーチェが無事で良かったです

結論:レーチェはママであるkojiよりもずっとスマイルエッグが好きである。
(※ちなみにレーチェのスマイルエッグ好きを証明する写真はこちら→

番組の途中ですが臨時ニュースです

2010年01月13日 14:07

☆☆☆FTV(フェレットテレビ)臨時ニュース☆☆☆

先ほど入った情報によりますと、
13日昼過ぎ、神奈川県川崎市の男性会社員(28)方に突然、
巨大なイタチが現れ、この男性方で飼われていたフェレット1匹を
飲み込んだということです。

現場の写真が送られてきました。
DVC00081.jpg
写真を見ても、巨大イタチの腹部が膨れている様子がわかります。
おそらくここに、飲み込まれたフェレットがいるものと思われます。
FTVの取材によりますと、飲み込まれたのは1歳のメスのルーエちゃんとのことです。
同居のレーチェちゃんは現在は無事ですが、避難せずに近くで昼寝しているとみられ
巨大イタチがレーチェちゃんをも襲う危険性は依然、残されています。

専門家によりますと、巨大イタチの正体はいたずらフェレットのハンモックではないか、ということです。

ルーエちゃんの無事の救出が待たれます。

下腹部ぽっこりの原因は…

2009年11月13日 16:31

「毎年11月に家族写真を撮る」という方針を掲げている我が家(去年の記事参照)。
今年は今週末にスタジオを予約したので、撮影に向けてレイルーをお風呂に入れたのですが…。

ふと、濡れぼそっているレーチェの異変に気づきました。
「あれ?なんかレーチェのお腹、ぽっこりしてない?」

レーチェはこれまで体重720グラムをキープしていたスリム鼬。
それが体重を計ると800グラム。

確かに最近のレーチェは食欲旺盛だけど、
万が一、重病の兆候だったら…と思うと、いてもたってもいられず
あわててくらた動物病院さんに駆け込みました。

獣医さんに触診されレーチェさん、モゾモゾ反抗
でも結果、脾臓の腫れなどもなく、副腎も異常なさそうで
「フェレットも中高年になるとお腹にお肉が付きやすくなるので、
運動量を増やしてあげてください」とのことでした。ホッ
(夫に報告したら「メタボレーチェだね」と言われましたが)

「そろそろレーチェはシニアフードに変えた方がいいかな?
ルーエはまだ1歳だし、フード分けるならケージごと分けなきゃ。。。
でも2匹が絡まって寝てる姿を見られなくなるのは寂しい」と悩んでいたんですが
相談したところ、フードの切り替えはマストでもないようなので良かったです。
(若い子がシニアフードを食べるのは栄養面から

ただシニアになって、低血糖症や副腎疾患の恐れは現実味を増してきているので
フラフラしたり、脱毛が見られるようになったらまた来院してくださいということでした。

来月にはジステンバーワクチン接種が控えてるし、
春になったらフィラリアの薬をもらいに行くので
そういう折りに検診を受けながら、病気の早期発見を心がけていきたいなと
改めて思ったのでした。

白鼬

2009年09月13日 11:05

20090913110803
確かうちの次女はブレイズミットのはずですが
ここにいる鼬はどう見ても白いですよね…?

ヒゲ抜けた!?

2009年08月16日 18:42

最近ルーエの抜け毛が多いので、
ハンモックを洗濯する前に抜け毛を掃除機とコロコロを使って取っていた夫が
突然「ルーエのヒゲが (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」と騒ぎ始めました。
見ると
DVC00039.jpg
確かにヒゲっぽい長さと太さ。

鼬はヒゲが抜けても大丈夫なんでしょうか…?
いったい何の拍子に抜けたんだろう?

夏鼬

2009年07月25日 11:29

20090725113211
25日午前11時ごろ、神奈川県の男性会社員(28)宅で、メスのフェレット(11ケ月)が行き倒れているのが見つかった。フェレットは半目で眠っており、命に別状はない。
男性の妻(26)は調べに対し「室内はエアコンが効いており、涼しかった。なぜこんなところで寝ていたのか分からない」と話しているという。

せっかく『フェレット事件簿』というカテゴリがあるので、事件記事っぽく書いてみました(笑)。
気がつけば1ヶ月以上ぶりの更新…!
実は7月8日~13日まで、gakuoとkojiはインドに行ってました。
あのタージ・マハールをこの目で見てきました☆
その間、レイルーはmixiのフェレットコミュで紹介して頂いたホテル預かり可の動物病院に預かってもらっていたのですが、
ホテル預かり中は放牧なしで、ずっとケージの中で暮らしていたせいか
お迎えに行ったときはややルーが太ってました(笑)。
しかもブレイズがほとんど消えてるし…。いいのかしら?

壁紙を設定する鼬

2009年04月26日 16:46

知らぬ間に私のパソコンのデスクトップの壁紙が変えられてましたΣ(゚Д゚)
壁紙
ワークンさんのmixi日記を見て羨ましくなり、
「うちもいたち雲さんでイラスト描いてもらおう!」と
撮影したルーエのお腹写真を開いたままにしていたら、
レーチェかルーエがパソコンのキーボードの上を横断した時に
デスクトップの背景に指定していったようで。
器用すぎる。。。

このルーエも可愛いんですが、夫が見苦しいパジャマ姿なのがアイタタタな感じなので
壁紙2
桜とルーエの写真に変えました
うん、こっちの方がいいでしょう

ルーエ事故に猛省。。。

2009年02月03日 11:52

昨夜、ルーエを連れて夜間動物救急センターに駆け込みました。
結果は大事に至らずに済んだのでよかったですが。。。
今回は本当に私の不注意が原因なので、
事故の顛末をブログに書くのがはばかられるくらい飼い主としては恥ずかしいのですが
でもフェレットを飼い続けていく上での反省材料としてきちんと記録しておきたいと思います。

わが家のソファベッドは下が収納スペースになっているんですが、
レイルーはソファの裏のすき間からその収納スペースに入り込むのが好きなんです。
そこから出たくなったときには、収納スペース前部を爪でカリカリとして「開けろー」と催促するので
昨夜10時20分ごろにソファの辺りからカリカリと音がしたときも
てっきり出たがってるんだと思い、ソファの座面を上に持ち上げました。

ところが実際は、ルーエはこれから中に入ろうとソファの裏側でカリカリとしていたところで
私が座面を持ち上げたために、背もたれの部分が下に下がってきて、
そこに挟まってしまったんです。

助け出したら、失禁してぐったりしてしまっていました。
とりあえずケージのハンモックに戻して様子を見たのですが、
しばらくは私がケージに戻したときのあおむけの姿勢のまま変わらず、
少したってようやくうつぶせに姿勢を変えるような状態で
いつも元気なルーエらしくない様子にあわてて夜間救急に行くことにしました。

救急センターに着いたころには、いつもどおり動けるようにはなっていたんですが
大事を見てレントゲンを撮ってもらいました。
骨や内臓に問題はなく、今朝もいつもの元気を取り戻したので、
かかりつけ医に診せる必要もなさそうですが、
救急センターで診察経過書とレントゲンのフィルムをもらうことができたので
かかりつけ医に引き継ぐ必要があるような事態だったらすごく助かるなと思いました。

今回のことも一歩間違えたら命にかかわるような事態につながっていたと思うので
飼い主として猛省しています。
再発防止策として、座面を持ち上げても裏側で挟まることがないように
ソファ裏側のカバーを取り外しましたが
ソファ以外でもフェレットの事故につながることがないよう、
家の中の安全確認を徹底していきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。