--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーチェの死

2012年09月24日 21:10

もうこのブログを見てくださっている方も、もうほとんどいないと思いますが、お知らせだけ。

レーチェが9月15日に亡くなりました。

8月末までいつもと変わらず元気で
ただ8月31日の夜、私たちが寝る前にケージにしまおうとしたら
喉に何かを詰まらせたようで変な咳をしていて、泡状のよだれを垂らしていて
「何かを誤飲したんじゃないか?」と慌てて夫に夜間救急に連れて行ってもらいました。
そこでレントゲンを撮っていただいた結果、原因は誤飲ではなく
喉にできた腫瘍が原因と判明。

翌日朝、かかりつけのフェレットに詳しい先生に診ていただいたところ
大きな腫瘍が気管や食道を圧迫していると。
リンパ腫ならばてきめんに効く抗がん剤を投与して数日様子を見たのですが、効果は現れず
結局9月6日に手術をして摘出することになりました。

が、いざメスを入れたら、思っていた以上に腫瘍は大きく、
腫瘍は食道や気管の外側をほとんど覆っていたうえ、
気管の内部にも腫瘍が入り込んでいたそうです。

先生は可能な限り腫瘍を切除してくださったのですが、すべてを取り切ることはできず
手術は無事に終わったものの、
手術の際の気管挿管で、気管内部に入り込んでいた腫瘍が傷ついたために
血の混じった痰が出るようになり、何度か痰が詰まって窒息しかかりました。
そのたびに先生方がすぐに対処してくださったのですが、
9月15日の昼過ぎ、痰を奥に飲み込んでしまって
吸引も届かず、亡くなりました。

ブログを書いていない間、腸閉塞で危篤になったり
左副腎を摘出したり、左後ろ足にできた腫瘍を摘出したり
いろいろな病気をしたけれど、そのたびに乗り越えて元気になって帰ってくれてきてくれたので
今回も奇跡が起きると思って待っていたけれど

フェレットに詳しい主治医の先生ですら、ここまで難しい手術はしたことがないと
腰が引けてしまうような手術だとおっしゃるような厳しい病状で

でも本鼬は手術の直前まで本当に元気で
手術の後も気持ちはすごく元気で、
たぶん家に帰ってルーエとまた遊びたいと思い続けていたのだけど

最後に動物病院に面会に行った13日
呼吸の苦しそうな様子で、でも目は「家に帰りたい」と私に訴えかけていて
でも流動食(テクにケア)も水も喉も通らず、点滴が命綱の状態で
連れて帰っても何もしてあげられないから、
苦しんでるレーチェに何もしてあげられないまま自宅で看取る勇気はなくて
「また来るから、頑張って。ご飯が食べられるようになったら一緒に帰ろう」と言って
別れを告げたのが最後になりました。

一緒に過ごした6年8ヶ月
本当にいろんなことがあって
レーチェが亡くなってからの10日弱、ふとした瞬間に
レーチェとの思い出がよみがえって
いかに彼女が私にとってかけがえのない存在だったのかを思い知らされる日々です。

今でも亡くなったっていう実感は全然なくて
もしかしたら今もキャットタワーの中や切り株ハウスの中で昼寝してるんじゃないかなって思ったり
ソファに座って床を見ていると、ソファの陰からトコトコと出てくるレーチェの姿が見える気がして

でも今までレーチェとルーエが仲良く2匹で丸まってたクッションにいるのはルーエだけで
もうレーちゃんはいないんだって
ルーちゃんだって頑張っているんだから、私も頑張らなきゃと
お姉ちゃん子だったルーエが一人で頑張っている姿に励まされています。

4歳になったルーエと、先日2歳になった愛犬、今年4月に生まれた娘の成長を
もっとレーチェに見届けてほしかったという思いはありますが
転勤の度に何回も引っ越しに付き合ってくれて、私の結婚、妊娠、出産を見届けてくれたレーチェは
元気に動き回る姿はもう見えなくても、きっと近くにいてくれると信じて
家族3人+2匹で力を合わせて頑張っていこうと思います。
スポンサーサイト

頑張るレーチェさん

2010年10月24日 09:18

107458_029.jpg
↑たい焼き(のおもちゃ)を奪おうとするレーチェさん

我が家のレーチェさんは長女ということもあってとっても頑張り屋さん。
(あ、でも別にうちの姉は頑張り屋さんじゃないから長女=頑張り屋というのは成り立たないか

最近、冷えてきたので昨晩、綿製のハンモックのほかにフリースの寝袋もケージに入れておきました。
今朝、ケージの中を見たらレイルーとも寝袋の中で寝てました。
そのうちレーチェさんが起きてきたので、室内で遊ばせてあげようと思ってケージの扉を開けました。

そしたら、レーチェさん、
まだルーエが中に入ってるのに、寝袋を口にくわえてケージの外に持っていこうと大奮闘

そうそう、レーチェさんってば寝袋を持ち出す癖がありましてね、
でもさすがにルーエ入れたままじゃ重かったらしく、
しばらく頑張ってたけどあきらめてました
(ルーエが入ったまま持っていけたらそれはそれでびっくりだったけど)

でもルーエも寝ていたところでいきなり寝袋が動いたもんで起きちゃって
ルーエが寝袋から出てきたら、レーチェもすかさず軽くなった寝袋を棚の下に持っていってました。

やるなあ、レーチェさん。。。

すっかり放置してました…

2010年10月16日 14:37

気づけばもう3ヶ月もこのブログを更新してなかったですね(((^_^;)

この間、kojiファミリーに何があったかと言うと…引っ越しました!
念願のマイホーム♪新築の2階建てです。
でも建て売りなので鼬部屋はありません(;つД`)

引っ越したのは7月の3連休で、すごい暑い日でしたが
新居は実家から徒歩5分なので、新居にエアコンが取り付けられるまで
レイルーは実家の冷房の効いたリビングでのーんびり。
一方の私と夫は、南向きの新居で、なかなか来ないエアコン設置業者を待ちながら
荷物の搬入作業に追われ、脱水症状ですっかりバテバテでした…。

レイルーは最初の数日こそ場所見知りしてましたが、今はすっかり新居に慣れて仲良く遊んでます。

リビングの扉前で、夫が入ってくるのを待つ2匹。
写真の一番左のところは透明のガラスがはめ込まれてるんですが、
放牧中に私がちょっとリビングの外に出ると、このガラスのところで
ルーエが立って私のことを見てたりして、それはもうかわいいんですヾ( 〃∇〃)ツ

そんなルーエさん、8月のある日に行方不明になりました。
私が出かける前に放牧させていて、そろそろ出かけるから2匹をケージに戻そうとしたら、
レーチェはすぐリビングで見つかったんですが、ルーエがどこを探してもいない。
うっかり扉が開いてる隙にリビングから出ちゃったかなと思い、
ロフトから家中探し回ったんですが、
まだリビングと2階の主寝室以外は引っ越し荷物が片付いてなくて
(荷物が多すぎるのと、私が面倒くさがりなのと、
片付けに充てられる休日があまりないのが相まって…(-o-;) )
開きかけの段ボールの中で寝ちゃってたら探すの大変だなぁ、
でも見つけないと出かけられないし…と冷や汗かきながら、ふとリビングのTVの裏を見たら

粗相警戒に敷いたペットシーツにくるまってのんびり寝てました( ̄q ̄)zzz

まあ、そんなこんなでみんな元気にやっております。
また近いうちに写真アップしますねー

オリジナルカレンダー

2010年06月29日 18:32

レーチェを飼い始めた2006年ごろから、
「ペットの写真でカレンダーを作る」という野望をずっと胸に秘めてきたのですが
業者に制作を依頼すると高いし、しばらく実現に至っておりませんでした。

でも2008年末にIKEAに行ったときに、
いい感じのポストカードホルダー?を見つけて
P1030054.jpg
こんな感じでポストカード大の写真印画紙に、
その月らしいペットの写真とカレンダーを印刷して
ホルダーに入れて卓上カレンダーみたいにしたのを2009年の年始から使ってます。
(そして2つ同じのを作って1つは実家にあげてます)

ペット連れで公園に行ったときなんかに撮影した
季節の花との写真を使うことが多いんだけど
(今年は1月→牛ルーエと虎レーチェ、2月→梅とルーエ、3月→菜の花とレーチェ、
4月→桜とちぇりみみ、5月→藤とレーチェ、6月→アジサイとミミ)
夏って犬も鼬も人間もバテるから、なかなかそれらしい写真がない

7月がもうそこまで迫っているのに、7月のカレンダーに使える写真がないので
最終手段を取りました。
038.jpg
お花屋さんで手ごろな価格のミニブーケを買ってきて一緒に撮影
撮影後はブーケをダイニングに飾ればプチ贅沢気分も味わえるし
結構いいアイデアかも(笑)

ルーエの脱走

2010年06月02日 00:29

レーチェは薬がばっちり効いたようで、22日にまた検査してもらったところ
肝臓の数値も正常に戻ってました(^-^)
どうやら13日にリュープリンを打ってもらったらしく、その効果は1ヶ月くらい続くらしいので
それが切れたころに異変があったら、また診てもらう必要がありますが
今のところはすごく元気にやってます。

さて、タイトルのルーエが脱走した件についてです。
運よく何もなかったとはいえ、一歩間違ったら大きな事故につながっていたかもしれないし、
責任は飼い主の私にあるのですが、ブログに顛末を書くのにためらってしまい……。

脱走事件が起きたのはGW中のことでした。
夫と私はGWを利用して、福島旅行に行ったのですが
今回は友人3人と一緒の旅行で、レイルーを連れていくのは難しい。
でも昨夏のインド旅行中にホテル預かりを利用した動物病院は
その後の印象が良くないからもう利用したくないし、
頼みの綱の実家も、同時期に旅行に出掛けるというので頼れず。
夫といろいろ話して、当時はレーチェの具合も落ち着いていたので
「2泊3日ならギリギリ2匹で留守番させても平気かなぁ…?」と結論を出して
水と餌は多めに用意して、2匹をケージに入れて出掛けました。

…が、旅行を終えて帰ってみたら餌入れは空っぽ、
そしてケージは閉まっているのに中にいるのはレーチェだけ(;゜0゜)
思わぬ展開に夫婦で焦りましたが、いつも放牧後に2匹が寝ているソファー下の収納場所で
毛布にくるまって寝ているルーエをすぐに発見。
部屋の隅にあったうんちの量から、おそらくその日の午後に
ケージに3日も閉じ込められたのが嫌で、いつもみたいに部屋で思いっきり遊びたかったからか
お腹が減ったから餌を求めて外に出たのかはわかりませんが(多分その両方?)
ケージを思いっきり揺すっているうちに
どうにかしてケージの金網を浮かせて脱出に成功したんだろうと思います。
でもケージの外に出たところで、ルーエの手が届くところに餌や水があったわけじゃないし
脱走したのが私たちが帰宅する直前だったのが、せめてもの救いでした。

餌が空になってしまっていたことも、ルーエが脱走してしまったことも
出発前にはまったく想定していないことだったので、本当に反省しました。
今後、旅行に行くときには連れていくなり、どこかに預けるなりきちんとしたいと思います。
それに、ルーエはその気になればケージから脱走できることが判明したので
その後はちょっとの留守でも、
ルーエに入られたら困る部屋に繋がる扉はちゃんと閉めておかないと(-o-;)

↓当の脱走鼬さん。レーチェの足と尻尾の間に顔を挟んで熟睡中。
ルーエさん、実は下の歯が結構存在感があります。

レーチェの病気

2010年05月13日 19:22

しばらくレーチェは元気な日が続いていたのですが
最近またちょっと様子がおかしい気がしたので
たまたま今日は仕事が休みだった夫に頼み、くらた動物病院さんに連れていってもらいました。

私は仕事で診察に付き添えなかったのですが
夫からメールで聞いた話では
血液検査の結果、肝臓の数値がおかしく、胃の動きも悪かったということで
注射を2本打たれ、お薬を処方されたそうです。

レーチェも4歳半を過ぎて、そろそろ色んな覚悟をしなくてはいけない時期にさしかかっていますが
私にとってレーチェは、親元を離れて見知らぬ土地での寂しい生活を一緒に乗りきってくれた大切な存在で
できるだけ長く一緒にいてほしいと強く願っています。
来週にまた受診する予定なので、それまでに少しでも快復してくれるといいのですが…。

レーチェの下痢 その後

2010年04月28日 12:23

さて、下痢で動物病院のお世話になったレーチェのその後です。

くらた動物病院で処方してもらったのは、白いシロップと黄色い粉薬。
これを混ぜて与えてください、ということでした。

フェレットは嗜好性が激しいので、すんなり口にしてくれるのかなー?と思いましたが、
さすがフェレットに詳しいくらた動物病院、ちゃーんとイタチ好みの味の薬だったようで
初回からレーチェもペロペロと舐めてくれました。

その上、すぐに薬の効果が出て、レーチェの下痢も止まり、
あれほど激しかったカミカミ癖も治まりました。
食欲も前よりだいぶ増しているので、体重も戻ってくるだろうし、
ママとしてはひと安心です

ペットは話すことができない分、
やっぱり気になる症状があったらすぐに動物病院に行くのが一番ですね。

動物病院の話

2010年04月27日 22:33

今日の夕方、携帯に不在着信がありました。
番号を見ると市外局番が0776。
前に住んでいた福井からだというのはすぐにわかったんですが、
福井を離れてもう1年9ヶ月になるのに、どこからだろう?と気になって掛け直してみました。
すると…

「はい、さくら通り動物病院です」。

福井時代のレーチェのかかりつけの動物病院さんからでした(・o・)

なんでも、フィラリアの予防薬の案内のハガキが病院に戻ってきてしまったので
心配してわざわざ電話して下さったとのことでした。
「関東に引っ越したんです、すみません」と伝えると
「じゃあそちらの動物病院でフィラリアのお薬ももらっていらっしゃいますね」とのお気遣いのお言葉も頂き…。

さくら通り動物病院さん、福井市内では結構人気のある病院で、
行くとワンちゃんニャンちゃんで待合室も賑わっていたんです。
今もたくさんの患者で忙しいでしょうに、
転居先不明の一匹にわざわざ連絡を取って下さるなんて…。

離れて改めてさくら通り動物病院さんの温かさを実感することができました。
福井にいたのはわずか2年の間でしたが、
さくら通り動物病院さんのような素敵な病院に出会えて本当に良かったです☆
ありがとうございました。

レーチェの異変

2010年04月24日 22:04

すっかりブログを放置してました

004.jpg
最近レーチェの様子がおかしいんです。
①2週間ぐらい前から下痢気味。
夫によるとの臭いも強い。
②やたらいろいろなものを噛む。
ダンベルやラクサトーンのチューブ、DVDのケースなどが犠牲に。。。
③痩せた。
つい半年前に中年太りしたと大騒ぎしていたのがどこへやら?という痩せぶりです。

気になったのでくらた動物病院さんへ
土曜だからかすごく混んでました…。11時半に受付を済ませて診察室に呼ばれたのが13時40分ごろ
待合室にいる子たちを見ても明らかに病気っぽい外見の動物は多くなかったので
GW前にフィラリアの薬をもらおうという人が多かったのかな?
うちもついでにフィラリアの薬をもらうためにルーエも連れて行きました。

診察の結果、に悪玉菌が多く
お腹の不調でイライラしていろんなものを噛むのでは、とのことで
とりあえず下痢の薬を1週間あげて様子を見ることになりました。
体重を測定したらなんと600g!痩せすぎでしょ(;゚Д゚)ポカーン

早く良くなってほしいなぁ。。。

今月初めに公園に春の花とレイルーの写真を撮りに行ったので
近いうちにアップします~

レーチェが失踪した話

2010年01月26日 11:26

1か月以上前の話なのですが、レーチェが行方不明になりました。
もちろんその後、無事に見つかったのですが、その時の話もこのブログに記録しておこうと思います。

それは12月のある週末のこと。
その日は病気で他界した従姉の5年祭があったので、
(※神道の家は珍しい気がしますが、gakuoの家もkojiの家も神道です。
5年祭は仏教でいうところの5周忌なんだろうと思います)
私たちは10時ごろに家を出る予定で、その前に2匹をケージから出して室内で遊ばせていました。

さて、出かける直前に2匹をケージに戻そうとしたら、レーチェがどこにもいない。
レーチェは飼い主に似てちょっと変わっていて
室内で遊ばせていると思いもよらないところで昼寝してたりするんだけど
飼い主に似ていい子なので
名前を呼べばいつもはすぐ出てくるんです。

それが30分間、名前を呼びながら家じゅうをあちこち探してもどこにもいない。

さすがにこの状態で出かけるわけにもいかないので、
申し訳ないですが、神社へのお参りはキャンセルさせてもらい、
昼食会から参加することにしたのですが
(親せきとは仲がいいし、みんなペットを飼っているので理解があり、特に問題にはならず)

こんなに名前を呼んでいるのに出てこないなんて、
まさかどこかに挟まって出てこれなくなって苦しんでいるんじゃ…と
最悪の事態が頭をよぎります。

念のためにソファーと壁の間を確認したところ、
ソファー下の収納スペースにレーチェが好きなスマイルエッグがあったので
何気なくピコピコと鳴らしてみたら…

レーチェがひょっこり、出てきました。
夫の机の引き出しの隙間からね。
もう、出てきた瞬間ほっとすると同時に、思わず笑っちゃいました。
なんでそんなところにいたの、とか、
私が呼んでも出てこなかったのに、なんでおもちゃの音だと出てくるの、とか
ツッコミどころ満載の珍事件だったけど、
とにかくレーチェが無事で良かったです

結論:レーチェはママであるkojiよりもずっとスマイルエッグが好きである。
(※ちなみにレーチェのスマイルエッグ好きを証明する写真はこちら→



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。